日本スポーツ振興センター 災害共済給付制度について

災害共済給付制度とは、学校の管理下においてケガなどをされた場合において、保護者の皆様に対して給付金を支払う制度です。

  • 初診から治癒までの医療費総額(医療保険で言う10割分)が5,000円以上の場合に給付の対象となります。
  • 支給金額は、保険診療の医療費総額の3割の額に、保険診療の医療費総額の1割を加算した額です。
  • 健康保険が適応される受診が対象です。
  • 受診した月から2年以内に請求をしなかった場合は、支給が受けられなくなります。

給付制度の詳細については、独立行政法人日本スポーツ振興センター公式ホームページをご覧ください。

請求に必要な申請書類

必要な書類をダウンロードし、ご利用ください。

書類PDFダウンロード 使用方法
災害状況報告書 生徒本人が災害発生時の状況について記入し、担任教員(クラブ顧問、教科担当教員など)に捺印をもらってください。
医療等の状況(病院用)
医療等の状況(整骨院、接骨院用)
医療機関等に傷病名、医療費または施術料等の証明を受ける用紙です。療養月ごと及び医療機関ごとに書類が必要です。
調剤報酬報告書 医療機関で処方箋をもらい、調剤薬局で薬を処方された場合に使用する用紙です。
治療用装具・生血明細書 治療上必要と認められ、装具(サポーター、コルセット等)又は生血を使用した場合に医師に証明を受ける用紙です。保護者が記入する欄の記載と、領収書の写しが必要です。
高額療養状況の届
高額療養状況の届(記入例)
1ヶ月の医療費が7,000点(70,000円)以上の際に必要となります。ご家庭で作成をお願いします。封筒に学校名と生徒氏名を記入し封入の上、ご提出ください。

給付金のお渡しについて

給付額が決定したら、保健室より授業料の口座へ振り込みをします。
その都度、保護者の方へお知らせいたします。