京都西山高等学校

90周年記念事業

創立90周年記念事業(第1校舎建て替え工事)

:

本校は平成29年に創立90周年を迎えました。
その記念事業として「第1校舎建て替え計画」が企画され実行に移されています。

 

<<工事のプロセス>>

①旧体育館解体→②新第1校舎建築→③本館改修→④旧第1校舎・第4校舎解体

※資料提供 株式会社 竹中工務店、パースは実際の建物と異なることがあります。

 

令和元年5月現在、①が終わり、②の躯体(建物を支える骨組み)工事がほぼ終了段階です。これから内外装工事に入っていきます。

予定通りに進めば、令和元年9月から使用開始できるとのことです。生徒・教職員の夢が詰まっている新校舎、楽しみですね。

 

<新校舎の特徴>

1. 大きな地震にも耐えられる「安心・安全」な校舎

※資料提供 株式会社 竹中工務店、パースは実際の建物と異なることがあります。

 

2. 自然光が降り注ぎ、生徒の活動が交わる吹き抜け空間「キラキラコンコース」

※資料提供 株式会社 竹中工務店、パースは実際の建物と異なることがあります。

 

3. 本館と第2校舎を一体的に結び付け、生徒と教員の交流スぺースを設けた「機能性重視」の校舎

 

4. 太陽光発電と全館LED照明を用いた「環境にやさしい」校舎

 

5. 全館Wifi、全教室にプロジェクターとホワイトボードを完備して「ICT教育環境」を整備 (プロジェクターは12月設置予定)

 

6. 玄関を抜ければ「棚窓」を持った調理室と明るいガラススクリーンがお出迎え

※資料提供 株式会社 竹中工務店、パースは実際の建物と異なることがあります。

 

新校舎ができてからも他の工事が全部終わるのは令和2年5月か6月ぐらいになるだろう、と言われています。

まずは、来て・見て・聞いて、京都西山高校を感じてください

中学生向けイベント情報オープンキャンパス・体験授業

このページの先頭へ