京都西山高等学校

学校生活

「花まつり」 を行いました。

北方の伝えでは4月8日、この日は佛教徒にとって最も大切な記念すべき日、お釈迦様の「誕生日」です。本校では4月25日に「花まつり」を行い、お釈迦様の誕生日をお祝いしました。

舞台には生徒が1人1輪ずつ持参したお花がきれいに飾られ、美しく荘厳な聖歌の響きのなか、宗教委員がお釈迦様に柄杓で甘茶をかけました。校長先生からは「花まつり」のほか「御忌(ぎょき)参拝」についてもお話がありました。

教職員対象の救急法講習会を行いました。

教職員を対象に救急法講習会を実施しました。

最初に、2011年にさいたま市の小学校で小学校6年生が駅伝の課外授業中に倒れ、死亡するという悲しい事故をきっかけに作られた映像を全員で見ました。私たち教職員は、生徒たちのかけがえのない命を守るため、定期的に心肺蘇生法等を学ぶ必要があることを再確認しました。

AEDを用いた心肺蘇生、エピペンの使い方、担架を用いた搬送法を実習しました。
みなさん真剣に取り組んでいました。

今後も生徒たちが安心・安全な学校生活を送れるよう教職員も研修等を重ねていきたいと思います。(本校はAEDを3台設置しております)

 

3年生「古典探究」発表会

先日、「古典探究」発表会を開催しました。

授業で『源氏物語』を学習し、その内容に大いに興味を持ったので、
調べ学習をしたり、先行研究を読んだりしてその関心を深めました。

テーマは「『源氏物語』の〈現在〉」

「今の私自身」が「どういうこと?」と思ったことを取り上げた人。
普段「私」が考えていることとリンクした論文を発見し考えを深めた人。
2019年の日本、京都に残る『源氏物語』を味わった人。


写真は、自身が調べたり考えたりしたことをポスターにし、発表している様子です。
聴衆に伝わるように、声の大きさや表情、小道具も工夫しています。
発表を聴く側も真剣で、意義深いものになりました。

発表内容は小論文にまとめました。
皆、小論文を書いたことは初めてでしたが、
苦労しながらも良いものを書こうと努力していました。
そして実際に良いものができあがったと思います。

この経験を今後の人生にも生かしていってほしいと願っています。

発表テーマを一部紹介します。
・『源氏物語』の「形代(かたしろ)」
・光源氏の危ない恋~朧月夜編~
・醜女と源氏
・身近な源氏物語―「車争ひ」と葵祭―

新入生歓迎会 を行いました。

4月12日(金)5・6時間目を使って、新入生歓迎会が行われました。
生徒会執行部による司会進行のもと、クラブ紹介を行いました。


短い時間ではありますが各クラブ魅力をアピールしていました。
1人でも多くの新入生が、クラブ活動に参加して学校を盛り上げていってほしいと思います。

生徒会執行部の紹介

新生徒会です。
今年度は新しい元号「令和」になりますが、京都西山高校も新しいことにたくさん取り組んでいけるように生徒会が中心となって頑張りたいです。
1年間よろしくお願いします。

食堂に「セブン自販機」が設置されました!

新年度に入り食堂に京都の高校では2校目となる「セブンイレブン」の自動販売機が設置されました。サンドイッチや菓子パンを始め、ゼリーやスイーツも販売されています。人気商品は、あっという間に売り切れてしまいます。

大阪成蹊短期大学の体験授業を受けました。

こども夢コース2年生は、進路ガイダンスとして協定校である大阪成蹊短期大学の小林志保先生をお招きして、幼児体育の授業を体験しました。

まずは、リズムダンスでウォーミングアップです。
その後、二人組を作って背中押し相撲の対決をしました!

様々な身体をつかった遊びを体験できました。

そして、最後はリレー遊びです。
チーム対抗でフープ回しリレーやじゃんけん玉取リレーをしました。

今回の授業を通して、遊びの中で仲間を作るという幼児体育の大切さを学びました。
この経験を活かして、6月の幼稚園実習も頑張りましょう!

特進Sコース 1年生歓迎会

今年度がスタートし、1年生が入学してきました。
今年も特進Sコースでは1年生歓迎会を行いました。
企画・運営は3年生です。
3年生には、今年1年間しっかりとコースを引っ張って行ってもらいたいと思います。よろしくお願いしますね。

歓迎会は、クラス対抗のゲームをしたり、
3学年混じって自己紹介をしたりゲームをしたりして楽しみました。
いろんな人と話ができたことでしょう。

新しいことを始めるには勇気が要りますね。
世界は無限に広がっているように見えて一歩が出ない人もいるでしょう。
でも、人と人が仲良くなるきっかけはさまざま。
同じように、新しい「知」に出会うきっかけもさまざまです。

「やってみよう」という気持ちを忘れず、
こころを開いてみてほしいと思います。

平安女学院大学の体験授業を受けました。

こども夢コース3年生は、4月11日に協定校である平安女学院大学の先生をお招きして、模擬授業を開講していただきました。
生徒たちは、金子先生の「リトミック」、桐岡先生の「幼児音楽」にわかれて受講しました。

「リトミック」では、二人組になって手遊びをしたり、桃太郎の歌を歌ったりして、身体を動かしながら音楽に親しむことの大切さや楽しさを学びました。

「幼児音楽」ではトーンチャイムとベルを使ってきらきら星の演奏をしたり、先生のピアノに合わせて新聞紙で自由に創作したりと、音楽に合わせて想像力を育むことを学びました。

魅力的な体験授業を受けたことで、進路選択をより真剣に考えるきっかけになったようです。

4月の掲示物を掲載しました。

保健室の前の掲示板には、毎月の保健目標とそれに応じた掲示物を掲示しています。

今月の保健目標は「コミュニケーションについて考えよう」です。

新学期が始まり、新しい友達ができたり、久しぶりに会った友達もいたり…。

そんな中で起こりうるトラブルの1つとして、SNSでのコミュニケーションのズレについて、掲示物を作成しました。

文字だけで伝えるのは難しいけれど、ちょっとした気配りで避けられるトラブルもあります。それだけでなく、目と目を合わせたコミュニケーションも大切にしてほしいなと思います。

一人ひとりがコミュニケーションを大切にして、みんなで楽しい学校生活を過ごしましょうね。

掲示物、また見に来て下さい♪

まずは、来て・見て・聞いて、京都西山高校を感じてください

中学生向けイベント情報オープンキャンパス・体験授業

このページの先頭へ