京都西山高等学校

こども夢コース

【こども夢】1年生が京都西山短期大学へ見学に行きました。

6月11日(火)の午後、1年生こども夢コースで短期大学見学会に行きました。
行き先は、本校と連携している京都西山短期大学です。

はじめに学長先生からのお話を聞き、その後模擬授業を受けました。

小児体育の授業では、こどもたちに大人気のユニット・ケロポンズの「エビカニクス」ダンスや「もうじゅうがりにいこうよ」など、童心に帰ってさまざまな運動遊びを楽しみました。
体を動かしながら、こどもたちへの座り方に対する言葉選びやグループを作る時の注意点についても学ぶことができました。


もうひとつ授業を受けることができました。児童文化の授業です。
「おほしさま」や「たなばたさま」の手遊びを教えて頂きました。その中で、手遊びの中で小さなこどもたちが習得する様々なことを勉強することができました。スクリーンで見せて頂いた短大での七夕行事の様子は、とても華やかで楽しそうな印象を受けました。

そして最後に、来月の七夕に向けて、画用紙で星型を作るクラフト体験をさせてもらえました。

星型と一緒に作った短冊は、七夕の時期に西山短大で飾って頂けるそうです。

1年生にとってこれが初めての大学見学会となりました。
高校生活にも少しずつ慣れてきたこの時期に、進路を考え保育について学ぶことのできるとても良い機会を与えて頂き、有難い気持ちでいっぱいです。これが彼女たちの授業や行事への良いモチベーションになってくれたらと思います。

こども夢コース遠足

5月10日、こども夢コースでは、3学年そろって滋賀県へ遠足に行ってきました。

まずは、近江八幡にある水茎焼き陶芸の里でマグカップの絵付けにチャレンジしました。素焼きされた陶器に、筆で好きなデザインを描いていきます。出来上がりを想像しながら、みんな楽しそうに作業していました。
どんな作品になるのかな?


次はバスで移動して、昼食会場の一休庵さんへ到着。おいしい自家製豆腐と和牛鍋の御膳は、ボリューム満点でお腹いっぱいになりました。休憩をはさんで、みんなお待ちかねのビンゴ大会がスタート!!予想以上の盛り上がりで、素敵な景品をゲットした人は大喜び!はずれた人も可愛い付箋と文房具セットの参加賞をもらえました。

遠足を通して、コース間の交流やクラスの親睦を深めることができたようです。

卒業生との懇談会

こども夢コースの卒業生5名をお招きし、3年生との懇談会を開きました。
4期生の齋藤優希さんからは、保育士として日々心掛けていることや、かわいい手遊びを教えていただきました。

京都西山短期大学2回生の大宮愛加さん、上田明日香さんからは、学校の雰囲気や実習時に大切にしていることについて、華頂短期大学2回生の松尾祐香さん、戸田有優佳さんからは、入試のアドバイスや短大生活についてお話をしていただきました。
3年生はメモをとったり、質問をしながら、真剣に卒業生の方々の話に聞き入っていました。

このような交流の場をもてるのは、大変貴重でありがたいことです。
現3年生はこども夢コース10期生となります。
後輩に何かを残せるような素敵な先輩となって、コースの歴史を紡いでいってほしいと思います。

大阪成蹊短期大学の体験授業を受けました。

こども夢コース2年生は、進路ガイダンスとして協定校である大阪成蹊短期大学の小林志保先生をお招きして、幼児体育の授業を体験しました。

まずは、リズムダンスでウォーミングアップです。
その後、二人組を作って背中押し相撲の対決をしました!

様々な身体をつかった遊びを体験できました。

そして、最後はリレー遊びです。
チーム対抗でフープ回しリレーやじゃんけん玉取リレーをしました。

今回の授業を通して、遊びの中で仲間を作るという幼児体育の大切さを学びました。
この経験を活かして、6月の幼稚園実習も頑張りましょう!

平安女学院大学の体験授業を受けました。

こども夢コース3年生は、4月11日に協定校である平安女学院大学の先生をお招きして、模擬授業を開講していただきました。
生徒たちは、金子先生の「リトミック」、桐岡先生の「幼児音楽」にわかれて受講しました。

「リトミック」では、二人組になって手遊びをしたり、桃太郎の歌を歌ったりして、身体を動かしながら音楽に親しむことの大切さや楽しさを学びました。

「幼児音楽」ではトーンチャイムとベルを使ってきらきら星の演奏をしたり、先生のピアノに合わせて新聞紙で自由に創作したりと、音楽に合わせて想像力を育むことを学びました。

魅力的な体験授業を受けたことで、進路選択をより真剣に考えるきっかけになったようです。

こども夢コース卒業フェスティバル

1/15(火)こども夢コース3年生による卒業フェスティバルが行われました。

3年間の学びの集大成として、手遊びやオペレッタ、朗読、弾き歌いやピアノ演奏を披露しました。

 

 

 

最後は、童謡のメドレーにのせて、お世話になった先生方への感謝の言葉とともに後輩たちへの熱いメッセージを伝えてくれました。

すべてを出し切り、晴れやかな笑顔の生徒や、感極まって涙する生徒もいましたが、それぞれの思いを後輩たちはしっかり受け取ってくれたようです。

夏休みに中学校へ出前授業に行きました

この夏休み、こども夢コース2、3年生で長岡中学校、長岡第二中学校へ出前授業に行きました。

自分達の時間割をもとに、パネルシアターやピアノ演奏、壁面構成の作品を披露したり

赤ちゃん人形を使って身長・体重等の計測、抱っこの仕方やミルクのあげ方を中学生に教えました。

最初はお互いに緊張していましたが、時間が経つにつれ沢山の笑顔が見受けられるようになりました。

短い時間でしたが、とても貴重な経験をすることができました。

こども夢コース遠足

こども夢コース1、2、3年生は、5月2日(水)に「ローザンベリー多和田」へ遠足に行ってきました。

午前中は各学年に分かれて、謎解きクイズラリーをしたり、クラフト体験で木の粘土を使って作品を作りました。

 

園内散策では、可愛らしい建物や羊たちとの撮影を楽しみました。

 

午後は、3学年縦割りの班でおまちかねのバーベキュー!

 

学年の垣根をこえて交流できたことで、こども夢コースとしての絆をより深められたようです。

 

こども夢コース 2年生 進路ガイダンス

こども夢コース2年生は、進路ガイダンスとして、大阪成蹊大学の臼井達也(うすい たつや)先生をお招きして、幼児体育の授業を受講しました。

 

 

まずはウォーミングアップのためのじゃんけんゲーム!

 

 

次はボールを使った遊びです。

色々なルールをつけて、ボールをキャッチします。

 

 

最後は、なわとびをしながらボールをパスしていきます。

 

 

今回の授業を通して、子どもたちの脳を刺激し、身体を動かすことの楽しさを伝えるという幼児体育の大切さを学びました。

 

 

今後の授業や、6月にある幼稚園実習にぜひ活かしてほしいと思います。

 

 

平安女学院大学出張講義を受けました

4月10日に協定校の平安女学院大学から、金子先生と桐岡先生が本校へ出張講義に来て下さいました。

金子先生による「児童文化」と、桐岡先生による「音楽」の二手に分かれて模擬授業を受講しました。

 

「児童文化」では、発達段階に応じた手遊びや運動遊び、パネルシアターや絵本の読み聞かせの実演をして頂きました。

「音楽」では、新聞紙を様々なものにかたどる遊びや、簡単な楽器やピアノを使ってリトミックを学びました。

 

毎年本校に足を運んで頂いている広報部の方からも、今年度の入試やオープンキャンパス等の情報を熱くそして丁寧にお話し頂きました。生徒からも早速「オープンキャンパスに行ってきます!」という声が聞こえています。

 

高校生として最後の1年間が始まりました。様々な機会で得たものを、これからの授業や進路で活かし力にしていって欲しいと思います。

まずは、来て・見て・聞いて、京都西山高校を感じてください

中学生向けイベント情報オープンキャンパス・体験授業

このページの先頭へ