【国語科より】掲示物のご紹介

【国語科より】掲示物のご紹介

2学期も一ヶ月が経ちました。

今、キラキラコンコースに貼られているものをご紹介します。

 

ひとつめは、2年2組の「絵画鑑賞文」です。

現代文Bの授業で、清岡卓行の「ミロのヴィーナス」を学習しました。

皆さんはパリのルーヴル美術館に展示してある、「ミロのヴィーナス」をご存知でしょうか。

この彫刻には両腕がありません。にもかかわらず、世界中の人々を魅了しています。

「ミロのヴィーナス」の魅力は何なのか。筆者独特の表現が、非常に読み応えがあります。

2年2組では、自分の好きな絵を選び、その鑑賞文を書きました。場面や、「どこに惹かれるか」を自分の言葉で説明することは、実はとても難しいことです。

それぞれの感性が光る、興味深い鑑賞文になったのではないでしょうか。

 

ふたつめは、1年8組の「詩の鑑賞」

中原中也という詩人の詩の中から自分の好きな詩を選び、鑑賞しました。

詩を読んで考えたことを文章にしたり絵にしたりしています。

「月夜の浜辺」という詩が人気でした。

月夜に波打際に落ちていたボタンを拾うのですが、

自分にはさほど役に立たないもののようなのに何となく捨てられないという思いが書かれています。

 

夏休みに皆さんが詠んだ短歌や俳句については、ただいま選考中です。

先日実施した漢字書き取り大会についても、ただいま採点中です。

お楽しみに。