毎日、心ときめく、京都西山高校。

京都西山高等学校

個人情報について

学校法人京都西山学園(以下「学園」という。)は、個人情報の保護の重要性について深く認識し、個人情報保護基本方針を策定し、以下の取組みを実施します。

  1. 個人情報の定義
    第1条 「個人情報」とは、生存する個人に関する情報で、次のいずれかに該当するものをいいます。氏名、生年月日、住所、電話番号、電子メールアドレス等により特定の個人を識別することができるもの
    その情報自体からは特定の個人を識別することができなくても、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別できることとなるもの
  2. 個人情報の取得と利用
    第2条 個人情報の取得は、学園の業務の目的を達成するために必要最少限度の範囲内で、適正かつ公正な手段により行います。ただし、本人の同意がある場合や法令の規定に基づく場合等はこの限りではありません。
    学生個人情報を利用する業務の範囲は以下のとおりです。
    ・ 学生→ 教務、学生支援、キャリア支援、保健管理に関する業務
    ・ 父母・保証人→ 学費納入通知、成績等通知、父母会運営および関連通知に関する業務
    ・ 卒業生→ 卒業・成績・在籍等の証明に関する業務、広報に関する業務
  3. 個人情報の管理と保護
    第3条 学園は、個人情報に関するリスク(不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、及び漏えいなど)を認識し、これらを防止するための必要かつ適切な安全管理措置を講じます。教職員等に対しても、また個人情報の取扱いを委ねる外部委託先に対しても、必要かつ適切な監督を行います。
  4. 個人情報の開示、訂正、削除等
    第4条 学園は、データベース化された個人情報につき、所定の手続により本人から情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止等の請求がなされた場合には、法令の定めに従い、速やかに対応します。
    また、取り扱う個人情報につき、本人からの苦情に対し迅速かつ適切に取り組み、そのための学内体制の整備に努めます。
  5. 遵守すべき法令・規範
    第5条 学園は、個人情報の取扱いに関し、個人情報保護法その他の関係諸法令、文部科学大臣の定める指針、及び当基本方針を遵守いたします。
  6. 継続的改善
    第6条 学園では、個人情報保護に関する管理の体制と仕組み、及び第2条以下の取組みを適宜見直し改善していきます。

平成 17年 4月 1日
学校法人京都西山学園
理事長 柴田康英

■施 行
この基本方針は、平成 17年 4月 1日から施行します。

このページの先頭へ