KYOTO NISHIYAMA

学校長あいさつ

輝け夏色

本校の教育理念は法然上人の開かれた「お念仏の教え」を根幹とし、「報恩感謝」の気持ちを大切に育む教育を実践しております。

いま大きく変化していく社会に対して、多くの人が不安を抱えています。人生の幸せとは何か。この問題を一心に考えられたのが釈尊であり法然上人であります。感謝の気持ちを持っていれば、素直で人に優しくなれます。

そして周りの人からも愛され、他人を許す心も生まれます。本校で「共に学び、共に楽しむ」充実した時間を共有し、一緒に夢の実現に向けて楽しい高校生活を送りましょう。

学校長 森川弘仁

建学の精神

仏教の報恩と感謝の精神を基盤として、高い知性と広い教養を身に着け、
常に礼儀正しく、責任を重んじ、勤労を喜び、
心から喜んで働く心身ともに健全な人間の育成を目指す。

教育目標

  1. 報恩感謝の気持ちを持ち主体的に人生を歩む人間を育てる。
  2. これからの社会で生き抜く力を持った人間を育てる。

伸ばしたい5つの力

これらの力は、教育目標を達成し、その後も幸せな人生を歩むために(well-being)必要な力だと考えます。

沿 革

1927 昭和2 西山高等女学校創立
1948 昭和23 学制改革により「西山高等学校」と改称
1954 昭和29 構内に向陽幼稚園創設
1961 昭和36 学校法人西山短期大学認可
1982 昭和57 第2グラウンド完成
1984 昭和59 本館完成
1990 平成2 トレーニングルーム竣工
1992 平成4 第2校舎竣工
1996 平成8 前庭拡張、新校門完成
1999 平成11 オーストラリア姉妹校交流開始
2005 平成17 通信単位制課程設置
2019 令和元年 新校舎「皐館」完成、第2校舎を「椛館」、本館を「葵館」と改称する